靴のサイズについて


菊地武男の靴物語という本に、次の一文を見つけた。

「日本の軍靴は、「一〇~一三文」(一文は約2.4センチ)の4種類しかなく、幅の選択はできなかった。

そのため足に靴を合わせるのではなく、靴に足を合わせるという考えが支配していた。」 

これに対して米軍の軍靴は次のように記されていた。

「米軍の靴はA~Fまで六つの幅がある上に、長さが9種類もあった。菊地のサイズは6インチのEE、一日中歩きまわっても、どの趾(ゆび)も痛くならない。」

出典:「菊地武男の靴物語」より抜粋

つまり戦前は1.5cmピッチの4サイズのみというS,M,L,LLというかなり雑なサイズ展開だったようである。 「大岡昇平戦争小説集 靴の話」に出てくる靴のサイズが切実だったのもよく理解できる。 また、それを裏付けるように日本軍靴は10.3文(24cm)・10.7文(25.5cm)・11文(27cm)・12文(28.5cm)の4種類であったという資料も見つけることができた。

つづく


0回の閲覧
  • Facebook - White Circle
  • Google+ - White Circle
  • Instagram - White Circle

©2023 by SKTR. Proudly created with Wix.com